オルビスディフェンセラは授乳中・妊娠中でも大丈夫?

女性は産後、肌質が変わったり、授乳中は赤ちゃんに母乳を与えるための体中の水分が少なくなり乾燥肌気味に、そして育児でメイクもままならぬ状態になりやすいです。

オルビスディフェンセラは乾燥肌対策に「飲むスキンケア」として開発されたトクホ食品です。普通のスキンケア商品と大きく違いうのは飲むことでお肌の内面からアプローチして、お肌の水分を逃しにくくしてくれるところです。
そこでこのディフェンセラは授乳中や妊娠中の乾燥肌対策として有効なのかについて調べてみました。

まずは授乳中・妊娠中の使用は下記リンクからの妊娠・授乳・幼児 – よくあるご質問 – オルビスを御覧くださいこちら⇒日本初!「飲む」次世代スキンケアオルビス ディフェンセラのお試しはこちら>>>

オルビスディフェンセラは授乳中に母乳に影響を与えないのか?

授乳中は母乳に良い食べ物と良くない食べ物があります。お肌の保湿を補う飲むトクホとして開発されたオルビスディフェンセラは授乳中に飲んでも母乳に影響を与えないのでしょうか?また妊娠中はおうなのでしょうか。

  • 飲むスキンケアのオルビスディフェンセラは授乳中・妊娠中でも大丈夫?
  • ディフェンセラは授乳中・妊娠中に副作用は心配ない?

オルビスという会社をご存知でしょうか。
スキンケア化粧品やダイエットサポート食品など女性が美しくなるために役立つ商品を販売している会社です。

オルビスから国内初のサプリメントが発売されたそうです。
一体どんなサプリメントなのか気になりますね。

また、オルビスディフェンセラは授乳中・妊娠中でも大丈夫なのでしょうか?

早速ご紹介します。

まずは授乳中・妊娠中の使用は下記リンクからの妊娠・授乳・幼児 – よくあるご質問 – オルビスを御覧くださいこちら⇒日本初!「飲む」次世代スキンケアオルビス ディフェンセラのお試しはこちら>>>

オルビスのディフェンセラとは薬ではなく、トクホの食品

オルビスから発売された飲むスキンケアのディフェンセラは乾燥肌を解消してくれる
サプリメントです。
お薬ではありませんので即効性は無いのですが継続して飲むことで乾燥肌が改善されるという試験結果を提出していてトクホマークの表示許可が出ている商品です。

お薬ではないので副作用はありません。長く飲み続けても体に負担とならないサプリメントです。
オルビスの商品に使われている原料は科学的根拠に基づいて選ばれています。

様々な検査項目をクリアした成分だけが化粧品に配合されています。
商品に配合する成分が決まり商品が完成した時点でも様々な検査が行われています。

お肌が敏感な人でも使うことができるのかなどしっかりチェックされています。
社内モニターでもテストをしていてしっかり安全性が確認されたうえで販売となっています。工場内の衛生管理も徹底されていて商品完成時には目視検査も行われています。

このようにオルビスではそれぞれの製品に対しての開発から販売まで徹底した管理が行われているので安心して利用できます。

産後・子育て中はしっかり保湿できず乾燥肌になるママ続出

出産後はホルモンバランスの乱れからどうしても乾燥肌になりやすくなると言われて
います。また赤ちゃんのお世話が大変で自分のスキンケアをしている時間が無いということも乾燥肌を悪化させてしまう原因のようです。

赤ちゃんのお世話はとても大変で時間もかかります。子育て中はなかなかスキンケアの
時間をゆっくりと取れないのが現状なのです。

でも乾燥肌を放置してしまうと様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。
特に出産後はホルモンバランスの乱れでシミもできやすくなると言われています。

お肌が乾燥していると紫外線の影響を強く受けてしまうので注意したいですね。
いつまでもきれいなママでいるためにも何とかしてスキンケアの時間を確保したい
ものです。

そこでおすすめなのが飲むスキンケアと言われているオルビスのディフェンセラです。
1日1包飲むだけで体の中から潤いを引き出してくれます。

飲むだけなので食事の時に飲めて時間もかかりません。
オルビスディフェンセラは1包で全身の保湿ができてしまうので本当に時短ケアが
可能です。

授乳中・妊娠中の使用は下記リンクからの妊娠・授乳・幼児 – よくあるご質問 – オルビスを御覧ください

日本初!「飲む」次世代スキンケアオルビス ディフェンセラのお試しはこちら>>>

授乳中に摂っていい食物とそうでない食物

母乳は赤ちゃんにとって必要な栄養を運ぶ最適な食べ物です。その母乳を作るのが授乳期に摂る食べ物となります。授乳中だからといって特別な食事は必要ありません。しかし栄養バランスがとれている必要はあり、また授乳中は一日あたりエネルギーは約500kcal多く必要とします。

また必要なビタミンとしてビタミンDは健康な骨のために母子ともに重要なビタミンです。授乳中は母乳としてカルシウムの消費量が増えるため十分な量を摂取する必要があります。

授乳中に避けたほうが良いためものは

授乳中に控えるべき食べ物は特にありませんが、脂肪分の多い魚や過度なカフェインとアルコールは控えておくことが懸命です。

授乳中は水を多めに飲むべき?

母乳を与えると母親は喉が乾きます、水分摂取を十分にすることは大切です。通常より授乳中はさらに多く取るようにしたいですですね。基本的に授乳中は、コップ1杯の水などで水分補給することがおすすめです。そこでお肌の乾燥を防ぐディフェンセラは水分補給として授乳中にはどうなのでしょうか?

ディフェンセラの妊娠・授乳中の摂取について

ディフェンセラを飲んだら乾燥肌が解消されるという事は分かりましたが、
妊娠中や授乳中は摂取しないほうが良いサプリメント、摂取を控えたほうが良いと
されるサプリメントがあったりします。

食べ物でもカフェインは控えたほうが良いとかお酒はやめましょうなど言われますよね。サプリメントも同じで赤ちゃんの成長に良くないとされる成分が含まれている可能性が
あるのです。

授乳中・妊娠中の使用は下記リンクからの妊娠・授乳・幼児 – よくあるご質問 – オルビスを御覧ください

日本初!「飲む」次世代スキンケアオルビス ディフェンセラのお試しはこちら>>>

ディフェンセラは妊娠中・授乳中でも大丈夫なのでしょうか。

ディフェンセラを飲む場合、念のため担当のお医者様に確認したほうが良いとされています。確認してOKであれば飲んで問題はありません。
ディフェンセラの成分を確認してみると特に赤ちゃんの成長に悪い影響を与えるような
成分は含まれていないので問題は無いと考えられるのですが、妊婦さんの体の状態や
服用しているお薬があるかもしれないことを考えるとやはり先生に相談された
ほうが良いですね。

ディフェンセラを飲んでいる妊婦さんや授乳中の皆さんの口コミもありましたので
飲んでいる人はいるようです。

口コミではカサカサしていたお肌が潤った、頬のかさつきが解消されたというような
声がありました。飲むだけで乾燥肌ケアができるのは本当にようですね。

授乳中・妊娠中の使用は下記リンクからの妊娠・授乳・幼児 – よくあるご質問 – オルビスを御覧ください

日本初!「飲む」次世代スキンケアオルビス ディフェンセラのお試しはこちら>>>